アルバイトを雇う個人事業主は収入を安定させることも大切です

正しいアルバイトの雇い方

個人事業主のアルバイト雇用はここに注意!

正しいアルバイトの雇い方

安定した収入を得るために

安定した収入を得るために

個人事業主としてアルバイトを雇うということは、給料の支払い義務が発生します。アルバイトを雇ってみたものの人件費で赤字になったり、給料未払いなどという失態では目もあてられません。人件費は事業コストの中でも支払の優先度がもっとも高く、負担になる経費です。雇用主としては安定した売上・収入の確保につとめなければなりません。個人事業主が収入を安定させるために気をつけるべきポイントを、「仕事の単価」、「仕事のとり方」、「節税」という3つの視点から紹介します。

安定した収入を得るためにの記事一覧

下げてはいけない!仕事の単価

下げてはいけない!仕事の単価

クライアントから単価を下げるように要求されたとしても、安易に引き受けるべきではありません。一時的にそれで受注を獲得できたとしても、その下げた単価は後あとに響いてきて、自身の収入を下げ、苦しめられることになります。いったん下げてしまった単価はまた上げることが困難だからです。値下げを求められたときには、単価を下げるのではなく、正規の単価で明細を出したうえで、全体の金額から「出精値引き」などの項目で下げるようにしましょう。

仕事探しは求人サイトで!

仕事探しは求人サイトで!

個人事業主が収入を安定させるには、高い単価で安定的に仕事をとることがポイントです。個人事業主であるフリーランスエンジニアやフリーデザイナーは、個人対企業での交渉となるため、足元をみられて安い単価で仕事を請けるはめになることもよくあります。求人サイト経由で仕事を探せば、そういう事態を避けることができます。求人サイト経由の案件は高額報酬など条件の良い案件が多く、交渉にかけるエネルギーも節約できて、とても効率的です。

しっかり節税しよう!

しっかり節税しよう!

個人事業主がアルバイトを雇う際に考えておかなければならないことは多々あります。その中のひとつが、節税対策です。所得が増えれば増えるほど納める税金も増えるのが個人事業主という働き方ですので、アルバイトを雇わずとも、節税の知識は必須です。個人事業主は一年分の所得税を一括で納付しなければならないため、資金的負担も軽視できません。納めるべきものは納めるとして、必要以上の税金を払わなくて済むように節税の知恵を使うことも大切なのです。

個人事業主が読むべきベストエントリー

しっかり節税しよう!

個人事業主としてアルバイトを雇うようになると、収入や利益もそれなりに大きくなっていくのが通常です。そうなると気をつけなければならないことと言えば、やはり税金関係のことです。稼げば稼ぐほど納付負担も増すのが個人事業主の所得税。アルバイトを雇うほど頑張って、せっかく利益が出ても多額な税金でほとんどなくなってしまって、資金が困窮するという最悪のパターンもありえます。個人事業主にとって節税対策は必須の知識です。

仕事探しは求人サイトで!

個人事業主として仕事をしていると、ひとりでこなせる仕事量には限界があり、かと言ってアルバイトを雇うと利益が減ってしまうという、悩ましいラインがあると思います。ここを打破するには、やはり売上と収入を安定させることが課題となります。収入が安定しないとアルバイトを雇っても人件費負担に耐えられなくなってしまうこともありえますので、収入を安定させることは重要です。個人事業主が収入を安定させるためのポイントとして、仕事の探し方を具体的に紹介します。

雇う前によく調べて考えよう!

個人事業主として事業をおこし、軌道にのってくると人手が足りなくなってアルバイトを雇いたいと思うようになります。そういうときは、とにかく早く人がほしいとあわてて行動してしまいがちですが、一度立ち止まって慎重に検討する必要があります。アルバイトを雇うことによって発生するコスト=人件費は、アルバイトに支払うお給料だけではありません。雇用保険や労働保険、社会保険の加入、さらに源泉徴収事務など、あらゆることを検討した上で採用を判断しましょう。

pagetop

Copyright © 2015 正しいアルバイトの雇い方 All Rights Reserved.