個人事業主がアルバイトを雇う際の注意点や確認ポイントをご紹介!

正しいアルバイトの雇い方

個人事業主のアルバイト雇用はここに注意!

正しいアルバイトの雇い方
  • 正しいアルバイトの雇い方 - TOP

正しいアルバイトの雇い方

正しいアルバイトの雇い方 個人事業主としての開業を考えている人や、すでに個人事業主として事業を展開していて人手が足りなくなってきている人に向けて、個人事業主のアルバイト雇用に関する基礎知識を紹介します。アルバイトを雇う際は、社会保険や雇用保険、労災など各種保険関係の手続きや、労働条件の問題など、注意しなければならないことが多々あります。後々トラブルになる要素も多いので、雇用手続きは慎重に!

転職関連ニュース

個人事業主が読むべきベストエントリー

しっかり節税しよう!

個人事業主としてアルバイトを雇うようになると、収入や利益もそれなりに大きくなっていくのが通常です。そうなると気をつけなければならないことと言えば、やはり税金関係のことです。稼げば稼ぐほど納付負担も増すのが個人事業主の所得税。アルバイトを雇うほど頑張って、せっかく利益が出ても多額な税金でほとんどなくなってしまって、資金が困窮するという最悪のパターンもありえます。個人事業主にとって節税対策は必須の知識です。

仕事探しは求人サイトで!

個人事業主として仕事をしていると、ひとりでこなせる仕事量には限界があり、かと言ってアルバイトを雇うと利益が減ってしまうという、悩ましいラインがあると思います。ここを打破するには、やはり売上と収入を安定させることが課題となります。収入が安定しないとアルバイトを雇っても人件費負担に耐えられなくなってしまうこともありえますので、収入を安定させることは重要です。個人事業主が収入を安定させるためのポイントとして、仕事の探し方を具体的に紹介します。

雇う前によく調べて考えよう!

個人事業主として事業をおこし、軌道にのってくると人手が足りなくなってアルバイトを雇いたいと思うようになります。そういうときは、とにかく早く人がほしいとあわてて行動してしまいがちですが、一度立ち止まって慎重に検討する必要があります。アルバイトを雇うことによって発生するコスト=人件費は、アルバイトに支払うお給料だけではありません。雇用保険や労働保険、社会保険の加入、さらに源泉徴収事務など、あらゆることを検討した上で採用を判断しましょう。

pagetop

Copyright © 2015 正しいアルバイトの雇い方 All Rights Reserved.